2013年03月08日

star_gold

MacBook Pro 2009のハードディスク換装レポート

【カテゴリ:Mac ハード・ソフト
先週、新しいMacBookProが発売され液晶がRetinaディスプレイになり、Final Cut Pro XもMotion5もRetina対応のアップデートがきました。
ソフトのアップデートはうれしいのですが、自分のMacBookPro(2009)では限界が近づいてきている感じがします。
以前にメモリーを4GBから8GBにあげたところ作業が少し楽になったのですが、メモリーの増設よりもHDDを交換した方が動作がキビキビするという意見が多いのでHDD 250GB(5400回転)から
seagate ST750LX003 750GB 7200rpm 32MB HDD+SSD(8GB)ハイブリッドというHDDに換装しました。5400回転から7200回転へ プラスSSDの効果でどのくらい速度があがるか期待。
容量も750GBあるので、将来的にMacBookProを買い換えた時もHDDを交換すれば長く使えると考えた訳です。

DSC01196_1.jpg

★用意しておくもの★

「プラスドライバー 00」
「T6ドライバー 星形」
交換用のHDD (2.5インチの9.5mm厚のもの。今回、購入したHDDは9.7mmでしたが問題ありませんでした)
TIME MACHINEで復元する場合、バックアップを外付けのHDDにとっておきます。

以前にメモリーを交換する際に調べたところ、100均などのドライバーを使用してネジ穴がつぶれてしまったという意見をちょくちょく拝見したのでドライバー選びも慎重におこないました。
そしてこのドライバーを選択。
DSC01220.jpg


しかし、今回はHDDにT6のトルクスねじをはずさないといけないので、こちらのドライバーを購入。
DSC01221.jpg
セットになっていて00もT6も入っています。1セットあると長く使えると思います。
キャップもついてて親切。
DSC01225.jpg

メーカーが違うけれど、似たような商品がamazonにもありました。


★裏面の蓋を外す★

本体の裏に計10ヶ所。プラスドライバー「+00」でネジを外します。
ネジ穴潰れには注意しましょう。
左上の3カ所に長いネジがあります。
DSC01192.jpg

★マウンターを取り外す★

左下にHDDがあります。
マウンターの黒いネジ(2つ)を緩めるとマウンターが外れます。
DSC01193.jpg

★HDDを取り外す★

HDDに透明のつまみが貼られているのでひっぱってHDDを外します。
(このとき、SATAのケーブルがつながっているので注意)
DSC01194.jpg

★HDDのトルクスネジを新しいHDDに付け替える★

4ヶ所のT6トルクスネジ(星形)を外して、新しいHDDに付け替えます。
DSC01199.jpg

あとは、古いHDDの透明のつまみが外せるので、新しいHDDに付け替え、ケーブルを繋いで、マウンターを固定し、裏面を閉じれば完成です。

★復元★

MacBookの電源を入れてから、OS(自分の場合SnowLepardでした)のインストールディスクを挿入します。
DSC01207.jpg

言語を選択
DSC01208.jpg

インストール画面がでますが、画面上部のユーティリティーからディスクユーティリティーを選んで、交換したHDDをフォーマットします。
DSC01215.jpg

その後、画面上部のユーティリティーのバックアップからシステムを復元を選びます。

以上で作業は完了です。
自分は初めてMacBookのHDD交換をしましたが、思ったよりも簡単で驚きました。
ベンチマークテスト結果はまたの機会にします。

HDDの交換は自己責任でお願いしますね。

今回、交換したHDD


2012-06-18の記事
posted by TakiOki at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac ハード・ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。