2013年03月08日

star_gold

MacBook Pro 2009のハードディスク換装レポート

【カテゴリ:Mac ハード・ソフト
先週、新しいMacBookProが発売され液晶がRetinaディスプレイになり、Final Cut Pro XもMotion5もRetina対応のアップデートがきました。
ソフトのアップデートはうれしいのですが、自分のMacBookPro(2009)では限界が近づいてきている感じがします。
以前にメモリーを4GBから8GBにあげたところ作業が少し楽になったのですが、メモリーの増設よりもHDDを交換した方が動作がキビキビするという意見が多いのでHDD 250GB(5400回転)から
seagate ST750LX003 750GB 7200rpm 32MB HDD+SSD(8GB)ハイブリッドというHDDに換装しました。5400回転から7200回転へ プラスSSDの効果でどのくらい速度があがるか期待。
容量も750GBあるので、将来的にMacBookProを買い換えた時もHDDを交換すれば長く使えると考えた訳です。

DSC01196_1.jpg

★用意しておくもの★

「プラスドライバー 00」
「T6ドライバー 星形」
交換用のHDD (2.5インチの9.5mm厚のもの。今回、購入したHDDは9.7mmでしたが問題ありませんでした)
TIME MACHINEで復元する場合、バックアップを外付けのHDDにとっておきます。

以前にメモリーを交換する際に調べたところ、100均などのドライバーを使用してネジ穴がつぶれてしまったという意見をちょくちょく拝見したのでドライバー選びも慎重におこないました。
そしてこのドライバーを選択。
DSC01220.jpg


しかし、今回はHDDにT6のトルクスねじをはずさないといけないので、こちらのドライバーを購入。
DSC01221.jpg
セットになっていて00もT6も入っています。1セットあると長く使えると思います。
キャップもついてて親切。
DSC01225.jpg

メーカーが違うけれど、似たような商品がamazonにもありました。


★裏面の蓋を外す★

本体の裏に計10ヶ所。プラスドライバー「+00」でネジを外します。
ネジ穴潰れには注意しましょう。
左上の3カ所に長いネジがあります。
DSC01192.jpg

★マウンターを取り外す★

左下にHDDがあります。
マウンターの黒いネジ(2つ)を緩めるとマウンターが外れます。
DSC01193.jpg

★HDDを取り外す★

HDDに透明のつまみが貼られているのでひっぱってHDDを外します。
(このとき、SATAのケーブルがつながっているので注意)
DSC01194.jpg

★HDDのトルクスネジを新しいHDDに付け替える★

4ヶ所のT6トルクスネジ(星形)を外して、新しいHDDに付け替えます。
DSC01199.jpg

あとは、古いHDDの透明のつまみが外せるので、新しいHDDに付け替え、ケーブルを繋いで、マウンターを固定し、裏面を閉じれば完成です。

★復元★

MacBookの電源を入れてから、OS(自分の場合SnowLepardでした)のインストールディスクを挿入します。
DSC01207.jpg

言語を選択
DSC01208.jpg

インストール画面がでますが、画面上部のユーティリティーからディスクユーティリティーを選んで、交換したHDDをフォーマットします。
DSC01215.jpg

その後、画面上部のユーティリティーのバックアップからシステムを復元を選びます。

以上で作業は完了です。
自分は初めてMacBookのHDD交換をしましたが、思ったよりも簡単で驚きました。
ベンチマークテスト結果はまたの機会にします。

HDDの交換は自己責任でお願いしますね。

今回、交換したHDD


2012-06-18の記事



皆様のクリックが記事更新の励みになります。
記事がお役にたちましたらポチッと押して頂けると幸いです。
posted by TakiOki at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac ハード・ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
star_gold

【Cortex Camera】 室内静物撮影に最適アプリ!!

【カテゴリ:iphone・ipad・アプリ
今回は室内で静物撮影などにとっても重宝するCortex Cameraというアプリをご紹介。

このアプリのコンセプトは、夜景などのくらい場面でフラッシュをたかずにノイズの少ない綺麗な撮影ができるというもの。
3秒間くらいの動画を撮影して、HDR撮影のように1枚の写真に合成してくれるのだと思います。
なので動いている物を撮影するのには向いていないのですね。

でも、夜景まで暗くなってしまうとやっぱりノイズが気になるレベルかと思うのですが、部屋で小物を撮影するにはもってこいな感じで、とても綺麗に撮れます。

iPhoneの標準のカメラで室内撮りしたものを拡大するとノイズがあって少しザラザラしてしまうのですが、このアプリで撮影したものは非常に綺麗。

試しに100均で買った液晶フィルムを撮影。
IMG_2615.jpg



料理の写真
IMG_2563a.jpg


このアプリが気に入っている点は他にも
1080 × 1920(2MP)というサイズで撮影出来る点。
ファイルサイズも500KBくらいまでに抑えられる感じです。
他にも16:9のサイズで撮影できる点。
ビデオ編集なんかに使おうと思ったら、やっぱり今は16:9で撮影しておいた方が後々使い勝手がいいですね。

いろいろとカメラアプリを使ってきましたが、2MPというサイズで撮影できるアプリは少ないんですよね。

ちょっとブログに小物や料理をアップしたい時など、手軽に綺麗な写真が撮影できるのでおすすめです。
撮影が終わるまで、なるべく手ブレしないようにするのが綺麗に撮るコツです。

今後のパージョンアップで、撮影時間の短縮や露出などの編集機能がついたら嬉しいです。






皆様のクリックが記事更新の励みになります。
記事がお役にたちましたらポチッと押して頂けると幸いです。
posted by TakiOki at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | iphone・ipad・アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

star_gold

砂時計もどき?【ダイソー】

【カテゴリ:100均グッズ レビュー
ダイソーで砂時計のようなカラフルでオシャレなグッズをみかけたので買ってしまいました。

砂時計のようでちょっと違うんです。
透明の液体と粒状のものが入っていて、粒が上に上がっていくんです。

DSC01541.jpg

DSC01543.jpg

ちょっと不思議で癒されますw

細部まで良くできていて100円には見えません。

ちなみにAmazonで送料無料の砂時計を探してみました。

質は良さそうです。
 

砂時計、見ていると癒されますw

2012-08-17の記事



皆様のクリックが記事更新の励みになります。
記事がお役にたちましたらポチッと押して頂けると幸いです。
posted by TakiOki at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 100均グッズ レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
star_gold

【簡単!】スタイルシートだけで画像をロールオーバーさせる方法【seesaa】

【カテゴリ:ブログカスタマイズ
ブログ記事もちゃくちゃくと増えて、現在150の記事になりました♪
といっても、中にはTwitterからの投稿もあったりするので、しっかりと書いた記事はもう少し少なくなります。

と、だんだん記事が増えると共にブログもオリジナリティーをだしたいと、デザインなどをいじっております。

そこで、自分なりに調べたり試行錯誤しながら覚えたことを書いていきたいとおもいます。

今回はタイトル通り、CSSだけでブログ中の画像をロールオーバー(マウスカーソルを画像の上にもってくると画像が変化します)する方法を紹介。

seesaaで設定する場合。
登録はこちらSeesaaブログ



スクリーンショット 2012-10-23 18.51.42.png

デザインを選択して、使用しているCSSデザインを選択するとCSSの編集画面がでるので、下のCSSをコピーアンドペーストします。
挿入位置は一番上にでも入れればわかりやすいと思います。

このCSSはこちらのブログ
雑貨はデザイン様を参考にさせて頂きました。


a:hover img{
opacity:0.50;
filter:alpha(opacity=50);
-ms-filter: "alpha( opacity=50 )";
-moz-opacity:0.50;
}


挿入後、ページ下部にある「保存」をクリック。
これで終了。


画像のロールオーバーは画像を2枚用意しなければいけなかったり、いろいろ面倒なのですが、このCSSを入れるだけで画像がロールオーバーされているようになるのでとても助かります。

seesaaブログはスタイルシートやhtmlのカスタマイズがわかりやすいので気に入っています。
スマートフォン用のデザインテンプレートの種類が増えたらもっといいのですが。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました♪


2012-10-23 19:20の記事



皆様のクリックが記事更新の励みになります。
記事がお役にたちましたらポチッと押して頂けると幸いです。
posted by TakiOki at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

star_gold

スタジオボックスの作り方【レビュー】

【カテゴリ:デジカメ・一眼
ブログを再会したこともあって、写真を撮影する機会が増えました。
出来るだけ綺麗な写真を載せたいな〜ってことで、デジカメスタジオボックスを自作してみることにしました。

材料はamazonの段ボール箱と100均でこちらの3品を購入。
段ボールの内側を覆うためのものです。
今回は白色のテーブルクロスを使用しました。
DSC01262.jpg

段ボールの手前をカッターで切って、テーブルクロスを縦の幅と横の幅に切ってクリップで止めただけ。
DSC01284.jpg

そして、余った切れ端を上部に乗せてクリップで止める。
出来たのがこちら。
DSC01287.jpg

実際に撮影してみました。
DSC01289 (1).jpg

DSC01292.jpg

なかなか良く撮れていると思います。

amazonでスタジオボックスを検索すると2000円以内で出てきました。
そのうちこういうのも使ってみたいな。




皆様のクリックが記事更新の励みになります。
記事がお役にたちましたらポチッと押して頂けると幸いです。
posted by TakiOki at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ・一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
star_gold

ソニー DSC-HX30Vレビュー ズーム画像比較

【カテゴリ:デジカメ・一眼
ソニー DSC-HX30Vのズーム画像比較レビューをしたいと思います。

SONY Cyber-shot HX30V

撥水・高防汚プロガード SH PRO GUARD SH HD Professional for SONY Cyber-shot DSC-HX30V / HX9V / DCDPF-PGSCSHX-A

DSC-HX30Vは、光学20倍(25mm-500mm)全画素超解像ズームを使えば40倍(1000mm)相当という凄い魅力的なスペックがあるのですが等倍表示にした時、絵画調(油絵?)になっているのが気になって、メーカーに問い合わせをさせて頂きました。
すると、撮影モードをプログラムモードにすると絵画調にならないと教えて頂きましたので、撮影モードによるズーム画質の違いをみるためテスト撮影してきました。

IMG_2327.jpg

IMG_2325.jpg

IMG_2328.jpg

画像サイズ2M おまかせプレミアムオート、おまかせオート、Pモードで鉄塔を撮影(天候 くもり)
Macの画像管理ソフトApertureで等倍切り出し
画像はクリックで拡大します。

Pモード 広角
DSC01144.jpg

Pモード 5倍
DSC01145.jpg

Pモード 10倍
DSC01146.jpg

Pモード 20倍
DSC01147.jpg

Pモード 30倍
DSC01148.jpg

Pモード 40倍
DSC01149.jpg

Pモード 50倍
DSC01150.jpg

Pモード 102倍
DSC01151.jpg


おまかせオート 広角
DSC01152.jpg

おまかせオート 5倍
DSC01153.jpg

おまかせオート 10倍
DSC01154.jpg

おまかせオート 20倍
DSC01155.jpg

おまかせオート 30倍
DSC01156.jpg

おまかせオート 40倍
DSC01157.jpg

おまかせオート 50倍
DSC01158.jpg

おまかせオート 102倍
DSC01159.jpg

プレミアムオート 広角
DSC01160.jpg

プレミアムオート 10倍
DSC01161.jpg

プレミアムオート 20倍
DSC01162.jpg

プレミアムオート 50倍
DSC01163.jpg

全画素超解像ズームを使えば40倍とのことですが、2Mの設定ですと50倍まで画面に”C”の文字がでてました。
これは50倍まで超解像ズームが使えているということかな?
50倍の画像で比較すると画質の違いが分かりやすいと思います。
やはりPモードで撮ったものの方が綺麗かな。
室内や夜景だとまた違う結果なのでしょうけど。

液晶は綺麗ですし、無線LANでスマートフォンに画像を送ることもできるし、手軽に20倍ズームが出来るこの機種はとても気に入っています。


SONY Cyber-shot HX30V (1820万/光学x20) ブラック


皆様のクリックが記事更新の励みになります。
記事がお役にたちましたらポチッと押して頂けると幸いです。
posted by TakiOki at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ・一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。